スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<公明党>山口代表が民主との連立、閣外協力を否定 (毎日新聞)

 公明党の山口那津男代表は24日、東京・内幸町の日本記者クラブで講演し、今夏の参院選後に民主党と連立または閣外協力する可能性について「(民主党は)政権担当能力に大きな疑問符を付けており、まったく考えていない」と否定した。米軍普天間飛行場移設問題を巡っては「今月末の日米共同声明を機に自発的に辞任すべきだ」と鳩山由紀夫首相に退陣を求めた。

【関連ニュース】
公明党:「民主との連携は白紙」
公明党:新代表に山口氏内定
山口・公明代表:“第三極”党アピール 岐阜で街頭演説 /岐阜
山口・公明代表:名古屋で時局講演会、2大政党を批判 /愛知
’10参院選ながさき:公明党・山口代表、街頭で支持訴え /長崎

友人が酒気帯び当て逃げ、同乗の警官逃げる(読売新聞)
<レンタカー>知恵で格安、新たな需要掘り起こし(毎日新聞)
早期幕引き狙うが…首相と小沢氏が背負う重い「責任」 (産経新聞)
名古屋「正論」懇話会 加地伸行氏講演 「命の連続、教えるべきだ」(産経新聞)
民主・玄葉氏ら26日に“財政規律派”結成へ 小沢氏に対抗(産経新聞)
スポンサーサイト

子宮頸がん ワクチン、小6に初の集団接種…栃木・大田原(毎日新聞)

 栃木県大田原市で13日、小学校6年生の女子児童を対象に、子宮頸(けい)がん予防ワクチンの集団接種が始まった。1人当たり4万5000円の費用を市が全額負担する集団接種は、市などによると全国でも初めてという。来年度以降も続ける方針。

 市によると、市立小23校で来年1月までに、6年女子334人のうち希望者329人に接種する。福祉政策に力を入れており「女性の命を守ることは少子化問題の観点からも重要」として公費負担を決め1人3回分、計約3000万円を10年度予算で賄う。初日は金丸小の10人が接種を受け「がんになるのはいやなので、注射してよかった」「思ったより痛くなかった」と話したという。

 立ち会った自治医大の鈴木光明教授(産婦人科学)は「接種率を上げるには集団接種が有効で、学校での接種は素晴らしい」と話した。

 子宮頸がん予防には若年層へのワクチン接種が有効とされるが、3回で計5万円前後の費用がネックになっている。【柴田光二】

【関連ニュース】
質問なるほドリ:子宮頸がんワクチンって?=回答・小島正美
追跡・発掘:子宮頸がん 理解進まず受診率低調 4市町村で予防接種助成へ /山梨
ことば:子宮頸がん /山梨
子宮頸がんワクチン:県医師会「公費助成を」 市町長に要望書 /栃木
健やかわかやま:子宮頸がん予防接種、6年生女児に7月から--御坊市 /和歌山

<メキシコ大地震>希少メダカの産卵床破壊 絶滅の心配も(毎日新聞)
運輸局に「仮の認可」命じる=MKの割安運賃で-福岡地裁(時事通信)
小学生女児から100円脅し取る 容疑の60歳男を逮捕(産経新聞)
としまえん 「フライングカーペット」から少年転落し負傷(毎日新聞)
谷亮子選手、参院比例で民主擁立へ(読売新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。